避難訓練

2014/03/01(土)

消防署の方に協力して頂き、避難訓練を実施しました。
調理場フライヤーからの火災を想定して開始です
各階客室・宴会場・大浴場と分かれてお客様を誘導する練習です


その後消防署の方から、とっても為になるお話を聞かせて頂きました。
家庭で火事になった場合炎が天井に届くまでになったら、消化は不可能なので直ちに逃げなくてはいけないそうです。命を落とす危険性があるので素早く逃げましょう
みんな歓心して聞き入ってます
消火の仕方は手前からほうきで掃くように根元に近づけていくそうです。当然ですが、煙に撒いても意味がないそうです


外で実践練習です
今は水消火器と言って練習用に水が出る消火器があるそうです
教わった通り手前から掃くように撒いているでしょうか?
一旦手前に撒いて飛ばしている人もいる?
ホテルの消火器を調べたら放射時間は約14秒放射距離は4~6mでした。


消火器も今では改良され性能がよくなっていますが、昔の消火器は加圧式と言って圧をかける消火器。古い物を使用すると、圧がかかって、底が抜け吹き飛んで頭にあたり怪我をしたと言うケースがあるそうです。この機会に家の消火器を点検してみたほうが良いです。今の物は蓄圧式と言って、古くなっても底が抜けてしまうという心配はないそうです。備えあれば憂いなし。何でも定期的に点検するのが大事なんだと思いました。
実際本当に火事が起きた場合冷静に迅速に対処出来る様に定期的に避難訓練を実施しお客様が安心してご宿泊出来る様に心がけていきていと思います。
消防署の方忙しい中ご指導ありがとうございました。